ニュース November 15, 2021

シャーマン アンド スターリングが業界誌GLOBAL INVESTIGATIONS REVIEWで高く評価されました

高度かつクロスボーダーの当局による企業調査および内部調査を取り扱う世界有数の法律事務所を紹介するGlobal Investigations Review (GIR)2021年版GIR 100において、当事務所が再び高く評価されました。

数十年の経験および複数の法域をまたぐ案件における実績に基づいて、当事務所のチームはインサイダー取引、証券詐欺、独占禁止法上の刑事事件、海外腐敗防止法(FCPA)違反、制裁措置、不正会計および規制当局による執行対象となりうる他の多くの専門的な問題に対する政府による調査および内部調査においてクライアントに助言を提供しています。当事務所は、その豊富な専門知識と企業調査および戦術に関する知見とを組み合わせることにより、組織が直面する最も複雑かつ慎重を要する局面も解決に導きます。当事務所のチームには、政府の訴追機関や規制当局の元職員が多数含まれており、豊富な陪審トライアルの経験およびあらゆる主要な政府調査機関を相手方にクライアントを代理した経験を有します。さらに、このチームに所属するロイヤーたちは米国司法省および米国証券取引員会(SEC)に勤務した経験を有するため、政府その他の機関の運営や調査手法について直接的な知識を有するため、クライアントがとりうる最適な結果を導くことを可能にします。

同誌は、「シャーマン アンド スターリングの企業調査における実績は、一つの事実に総括することができる―シャーマン アンド スターリングのホワイトカラー犯罪における実績は、1977年に制定されたFCPA(海外腐敗防止法)より前に遡る。今日、シャーマン アンド スターリングの調査部門は、腐敗防止、マネーロンダリング防止、制裁措置および独占禁止法案件におけるその実績についてよく知られている」とコメントしています。