ニュース Oct 01, 2020

ALB Japan Law Awards 2020

シャーマン アンド スターリングは、国際的法律専門誌のALBが主催するALB Japan Law Awards 2020において、当事務所が関与した日本における2件の注目案件につき3部門の「Deal of the Year」を受賞しました。

LINEとZホールディングスの経営統合の案件が「Technology, Media and Telecommunications Deal of the Year」および「M&A Deal of the Year (Premium)」を受賞しました。また、売出人である株式会社みずほ銀行による、総額26億ドルの米国証券法Rule 144A/Regulation Sに基づく株式会社リクルートホールディングスの普通株式の海外売出案件が、「Equity Market Deal of the Year」を受賞しました。

本受賞につきましては、Asian Legal Businessの2020年10月号に特集されます。

担当チーム