Shearman & Sterling LLP multinational law firm headquartered in New York City, United States.

ジョージ ボロヴァス

パートナー

george.borovas@shearman.com

03 5251 0214 03 5251 0214 東京
+44 20 7655 5000 +44 20 7655 5000 ロンドン

概要

学歴

役職・受賞歴

ニュースレター

出版物他

当事務所のグローバル原子力グループの責任者でプロジェクト・デベロップメント・アンド・ファイナンス グループのパートナー。

民間の原子力発電関連プログラムの開発や、新規原子力発電所の資金調達および建設に関して、金融機関、各国政府、およびスポンサーに助言を行っている。英国、米国、ロシア、欧州、中東、北米、日本、韓国、東南アジア、中国、オーストラリア、南アフリカにおいて、原子力関連の各種プロジェクトや取引を手掛けてきた。原子力発電所向けの燃料、設備およびサービスの売買取引に加え、原子力業界に関連するグローバル・ジョイント・ベンチャーの設立に関して、契約交渉や助言を行っている。また、国際的な原子力損害賠償および輸出規制の遵守に関しても企業に助言を行い、原子力発電所の買収を伴う案件において買手側を代理した経験がある。

世界原子力協会(WNA)の理事であり、国際原子力機関(IAEA)、国際原子力エネルギー協力フレームワーク(IFNEC)および米国政府に原子力専門家として認知されており、米国商務省のCivil Nuclear Trade Advisory Committee (CINTAC)に任命されている。多数の記事を執筆しており、世界的な原子力産業に関する諸問題についてコメントを求められることが多い。ブルームバーグTVおよびCNBCに出演したことがあり、またフィナンシャル・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、ロイター、BBCニュース、デイリー・テレグラフといった世界的な活字メディアにおいてはその発言や記事が常に引用されている。

原子力エネルギー関連の弁護士となる以前、原子力発電所のエンジニアリング会社においてエンジニアとして勤務した経験を有する。