Shearman & Sterling LLP multinational law firm headquartered in New York City, United States.

シャーマン アンド スターリングはクライアントによるビジネス目標達成に貢献することを目指し、独占禁止法に関わる問題が発生した際には専門的なアドバイスと共に効果的なビジネスソリューションを提供しています。

当事務所の弁護士は、米国およびEUの独占禁止法のあらゆる側面を扱った経験を有し、世界で最も困難とされた複数の管轄権にわたる独占禁止法の案件においてクライアントの代理を行ってきました。これには、米国、ヨーロッパおよびその他の管轄権における複雑な合併および買収、単独行為、独占禁止・知的財産インターフェース、カルテル捜査、独占禁止法の遵守および助言、国庫補助jおよび民営化。市場調査、独占禁止法に係る集団訴訟および陪審裁判が含まれます。当事務所の扱った案件には革新的でその後の判例とされたケースも含みます。

当事務所は主な独占禁止当局との効果的なやり取りを推進するためのスキル、業界経験および当局との緊密な関係を有しており、チームのメンバーには元競争法当局者が含まれています。