21世紀最初の20年間においては、エネルギーセクターに戦略的な機会と重要な課題の両方がもたらされました。世界中のエネルギー業界関係者は、特に価格変動や地政学的な力学の変化に起因する高い不確実性に直面しています。

シャーマン アンド スターリングのグローバルエネルギー・グループは、フルサービスを提供する経験豊富な総合チームです。当グループは、事務所全体の経験を活かし、法的およびビジネス上の幅広い洞察を提供することで、クライアントと協力しながら難しい取引や紛争への対応にあたっています。当グループは、クライアントと連携しながら、世界中で、かつ、様々なエネルギー領域(石油・ガス、従来型発電、再生可能エネルギーおよび原子力等)にわたり、最先端のアドバイスを提供しています。

これらのニーズには、プロジェクトファイナンス、M&A、キャピタルマーケッツおよび事業再編等、戦略的成長を促すあらゆる取引支援業務に加え、国際仲裁、商事訴訟および独占禁止法等の紛争対応を通じてクライアントの価値を保護する支援業務も含まれます。

エネルギー革新に関する取組み

シャーマン アンド スターリングは、エネルギー革新に関する動向、記事、イベントおよびニュースのデジタルリソース・サイト「Energy Innovation Hub」を開設しました。このサイトでは、エネルギー、産業および輸送の各分野で変革を起こしている主要テクノロジーに関する、当事務所の高度な専門知識と経験を紹介しています。
同サイトで取り上げているエネルギー関連テクノロジーは、水素二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUエネルギー貯蔵、およびグリーン産業(グリーンスチール、グリーンアルミニウム、グリーンアンモニア、グリーンセメントおよびグリーンマイニング)です(各リンク先は英語資料)。

詳細については、当事務所のEnergy Innovation Hub(英語資料)をご参照ください。

石油・ガス 

石油・ガス業界は、今日の厳しい原油価格環境の中で、合従連衡と新たな事業運営の方策を模索し続けています。世界の主要市場に拠点を置く当事務所は、幅広い業界知識を活用し、石油・ガスのバリューチェーン(上流、中流、下流)のあらゆる側面を支援しています。当事務所は、政府、国内外の石油会社、商社、金融機関および機関投資家に対し、世界最大規模の石油・ガス案件に関するアドバイスや代理業務を行っています。

当事務所の石油・ガス分野での経験は、石油開発や生産(油田サービスを含む)から複雑な石油化学プロジェクトまで、バリューチェーンの隅々にまで及びます。当事務所のリーガルスタッフは、世界的な規模の上流資産やインフラの開発および売却についてアドバイスしています。当事務所は、LNG、パイプライン、精製、石油化学等、複雑な総合プロジェクトを実現するための信頼できるアドバイザーです。これは、当事務所がバリューチェーン全体についての深い見識を備え、様々な要素が互いにどのように影響しあうかを熟知しているからです。

当事務所の国際仲裁および紛争解決を専門とするリーガルスタッフは、安定化条項、課税、価格見直し、契約解除、生産分与契約、コンセッション契約または不可抗力等、多岐にわたる紛争に関する国際仲裁および紛争解決案件において、アドバイスを提供し、代理を務めています。また、当事務所のグローバルなプラットフォームを駆使し、独占禁止法に関する先進的なアドバイスを提供することも可能です。
電力 

世界人口の増加、生活水準の向上、富の増大、それらに伴う消費の急増により、世界の電力需要は目を見張る勢いで伸びています。

数十年にわたる経験、業界に関する理解、地域についての知識を備えた当事務所の業務分野横断的な電力グループは、電力セクターにおける最大規模かつ最も複雑なプロジェクト、取引および紛争について日頃からアドバイスしています。世界的に見ても画期的なプロジェクトとして、米国エネルギー会社の最大規模のLBO、インドネシアの複数の独立系発電事業者(IPP)が関与する事業、中東・北アフリカ地域の複数の発電・造水事業(IWPP)(地域初のミニパームローンによる発電事業を含む)、および中国で最大規模の民間発電事業ポートフォリオの買収等を手掛けました。電力セクターの仲裁案件では、当事務所の、電力業界のビジネスの必須要件についての洞察力が活かされており、当事務所は、あらゆる電源構成および開発サイクルのクライアントと協力しながら対応にあたっています。
再生エネルギー 

政府やエネルギー会社は、化石燃料への依存の低減と二酸化炭素排出量の削減のため、再生可能エネルギー技術(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)に一層注目しています。

当事務所は、政府、デベロッパー、プライベートエクイティ等のファンド、金融機関、事業者および機関投資家等、様々なクライアントと協力しながら、この分野における投資や紛争解決案件に取り組んでいます。また、グリーンボンド、固定価格買取制度、環境規制および投資協定仲裁等、業界の主要な動向についてもソートリーダー(考え方の先導者)として業務を行っています。

当事務所は、特許その他知的財産のカウンセリングからプライベートエクイティやベンチャーファイナンスまで、また、プロジェクト開発や政府による産業奨励策からM&Aまで、ダイナミックで持続可能な開発セクターのあらゆる側面につき、アントレプレナーやファンドのリーダーたちに専門的なガイダンスを提供しています。

当事務所は再生可能エネルギー分野のクライアントに対し、幅広い再生可能資源分野の知識と経験を活用しながら、プロジェクト・デベロップメント・アンド・ファイナンス、不動産、環境、投資ファンド、キャピタルマーケッツ、M&A、税務、紛争解決、国際仲裁等、市場のリーダー的なリソースを提供しています。
水素 

シャーマン アンド スターリングのグローバル水素チームは、次のような水素バリューチェーンのあらゆる側面で豊富な経験を有しています。

  • 水素の技術、生産、および下流での変換
  • サプライチェーンおよび配送
  • 資金調達、建設および開発

ニューヨーク、ヒューストン、東京、ソウル、シンガポール、ロンドン、アラブ首長国連邦およびリヤドのパートナー陣が主導する当事務所の専門チームは、プロジェクト、資金調達、M&Aおよび紛争解決の各分野でトップクラスの評価を受けています。当事務所は水素分野の有力企業を主要クライアントとし、国営石油会社、国際大手石油会社、レンダー、デベロッパー、技術サプライヤー、エンジニアリング会社および請負業者にアドバイスを提供しています。

また、当事務所は、建設が間近に迫った世界初のグリーン水素メガプロジェクト等、最大規模かつ最も複雑なプロジェクトや取引についてもアドバイスを提供しています。

水素チームの紹介および代表的な案件(英語資料)

原子力 

原子力発電分野のクライアントが求めているのは、シャーマン アンド スターリングならではのリーガルサポート、すなわち、原子力発電業界および原子力法に関する真の知識、原子力技術に関わる政治的、技術的および法的課題に対する深い理解、そしてこの分野の最先端の業務を行う原子力専門家たるリーガルスタッフだけが提示できるビジョンです。

当事務所のフルサービスの原子力業務部門は、世界の原子力分野における最も重要かつ複雑な史上初のプロジェクト、取引および国際仲裁案件において、クライアントにアドバイスを提供しています。当事務所は、新しい原子力事業に係る建設および資金調達や燃料契約に、革新的、実用的で、確実かつ、取引成立につながるソリューションを提供します。

業界を牽引する存在として国際原子力機関および世界原子力協会から高く評価されている当事務所の専門リーガルスタッフは、それぞれ所属する世界各国のオフィスから、原子力セクターとクライアントのニーズに応じて、あらゆる地域でリーガルサービスを提供しています。