キャピタルマーケッツにおける証券取引が発達し多様化するとともに、市場で求められる法的サービスの内容も時代と共に変化しており、当事務所は常にクライアントの要請に応じて的確な法的アドバイスを提供し、クライアントを支援をしてきました。長年にわたり当事務所の弁護士は、キャピタルマーケッツに変化をもたらした数々の発展-特にハイイールド債の市場拡大、証券取引のグローバリゼーション、民営化の世界規模での増加など-において大きな役割を担ってきました。

当事務所は、世界の主要なファイナンシャル・センターにオフィスを構え、米国法、英国法、フランス法、ドイツ法、香港法、イタリア法の助言に豊富な実績を有し、各管轄地における現地取引に加え、管轄地をまたぐ複雑なクロスボーダー取引に関してクライアントに適格に助言する知識と能力を兼ね揃えていると自負しています。当事務所は、発行体と引受証券会社を始めとしたクライアントに対して国際的な証券オファリング、法規制の順守、コーポレートガバナンスに関するあらゆる側面に関し専門的な助言を提供しています。当事務所が提供する上場・非上場企業の証券発行に関する助言には、例えばグローバルオファリング、IPO、フォロー・オン・オファリング(追加株式売り出し)、転換型その他株式関連のオファリング、スピンオフ及びスプリットオフ、負債管理、買収用資金調達とレバレッジド・バイアウト、投資適格債の発行、ハイイールド債の発行及び証券化等に関する法的アドバイスが含まれます。また当事務所は、企業、経営陣、取締役会、取締役委員会に対し、SEC規定順守、Dodd-Frank法、Sarbanes-Oxley法、会社法に関して定期的に助言をしています。当事務所が提供する助言として、様々な規模の米国・非米国企業の定期的な情報開示に関する助言、取締役会とその委員会へのコーポレートガバナンスに関する助言、米国規制基準が適用される非米国企業の規制順守、受託者への助言等が挙げられます。

このような幅広い経験を活かし、当事務所は複雑で革新的な米国市場およびグローバル市場での証券オファリングに関して専門的かつ多様な法的サービスをクライアントに提供することが可能です。

コーポレートガバナンス 
当事務所は、取締役会及び経営陣に対し、物言う株主、プロキシ―アクセス、株主の発展的関与、買収防衛策、取締役会の仕組みと運営、株主提案、経営幹部・取締役への報酬、取締役の自己評価等を含む幅広い企業統治案件に関して助言しています。当事務所には、元SEC局長、上場企業の元企業内弁護士・取締役、元米国連邦検事、元米国政府高官といった経験者が弁護士として数多く所属しています。また、当事務所は、2003年より米国トップ100上場会社のガバナンスの仕組みと実務を分析した「Corporate Governance and Executive Compensation Survey」を出版しています。
レバレッジド・ファイナンス 

レバレッジド・ファイナンスを専門分野とする当事務所の弁護士は、ハイイールド債市場及びレバレッジド・ファイナンス市場を牽引しています。レバレッジド・ファイナンスのビジネスに関する深い理解および法的問題点への鋭い洞察力を備えた当事務所の弁護士は、キャピタルマーケッツとシンジゲートローン市場における豊富な経験に裏打ちされた幅広い法的アドバイスを提供します。

当事務所は商業銀行、投資銀行、メザニンレンダー、第二順位担保権提供者、プライベートエクイティのスポンサーおよび法人ボロワーを代理しています。

当事務所のグローバル・キャピタルマーケッツ・チームとグローバル・ファイナンス・チームの弁護士はニューヨーク、ロンドン、パリ、フランクフルト、ミラノ、シンガポール、香港、アブダビに駐在し、必要に応じて、事業再生/倒産及びプロジェクト・デベロップメント・ファイナンス分野を専門とする弁護士と密接に連携します。

当事務所の専門的な助言および幅広い産業、金融市場、管轄地にわたる買収その他レバレッジド・ファイナンス案件の管理能力は、クライアントから高く評価されています。当事務所は、以下を含む複雑で複数の管轄地をまたぐ案件で全ての当事者の要求を満たす革新的で創造的な法的サービスを提供しています。

o 買収と資本増強のための資金調達として同時に行うレバレッジド・バンク・ファイナンスとハイイールド債の起債案件に対する総合的な助言

o 複雑な債務再編の交渉

o 返済優先順位が異なる複数の当事者が関与するクロス・コラテライゼーション構造にかかる全ての関係者問題の解決

o 未公開企業と戦略的買収者の両者が関与し複数の拠点、通貨、管轄地がからむ買収ファイナンス