Shearman & Sterling LLP multinational law firm headquartered in New York City, United States.

キャピタルマーケッツにおける証券取引が発達し多様化するとともに、市場で求められる法的サービスの内容も時代と共に変化しており、当事務所は常にクライアントの要請に応じて的確な法的アドバイスを提供し、クライアントを支援をしてきました。長年にわたり当事務所の弁護士は、キャピタルマーケッツに変化をもたらした数々の発展-特にハイイールド債の市場拡大、証券取引のグローバリゼーション、民営化の世界規模での増加など-において大きな役割を担ってきました。

当事務所は、世界の主要なファイナンシャル・センターにオフィスを構え、米国法、英国法、フランス法、ドイツ法、香港法、イタリア法の助言に豊富な実績を有し、各管轄地における現地取引に加え、管轄地をまたぐ複雑なクロスボーダー取引に関してクライアントに適格に助言する知識と能力を兼ね揃えていると自負しています。当事務所は、発行体と引受証券会社を始めとしたクライアントに対して国際的な証券オファリング、法規制の順守、コーポレートガバナンスに関するあらゆる側面に関し専門的な助言を提供しています。当事務所が提供する上場・非上場企業の証券発行に関する助言には、例えばグローバルオファリング、IPO、フォロー・オン・オファリング(追加株式売り出し)、転換型その他株式関連のオファリング、スピンオフ及びスプリットオフ、負債管理、買収用資金調達とレバレッジド・バイアウト、投資適格債の発行、ハイイールド債の発行及び証券化等に関する法的アドバイスが含まれます。また当事務所は、企業、経営陣、取締役会、取締役委員会に対し、SEC規定順守、Dodd-Frank法、Sarbanes-Oxley法、会社法に関して定期的に助言をしています。当事務所が提供する助言として、様々な規模の米国・非米国企業の定期的な情報開示に関する助言、取締役会とその委員会へのコーポレートガバナンスに関する助言、米国規制基準が適用される非米国企業の規制順守、受託者への助言等が挙げられます。

このような幅広い経験を活かし、当事務所は複雑で革新的な米国市場およびグローバル市場での証券オファリングに関して専門的かつ多様な法的サービスをクライアントに提供することが可能です。